2009年01月29日

VMware ESXiで仮想化しても、ハードディスクのリソースは減らない

仮想化でリソースを有効活用し、サーバー台数を削減することが出来ます。
しかし、仮想化も万能ではなく、リソースの有効活用が出来ない弱点もあります。

VMware ESXiは、サーバー用途に特化した仮想OSですが、一般のユーザーが使用するVMware Serverよりパフォーマンスを高めるため、ハードディスクは最初に確保した容量分の物理量を消費します。

VMware Serverは、たとえ100GBの容量を最初に確保しても、実際に使った容量しか物理量を消費しませんが、VMware ESXiは使っていない容量も消費するため、ストレージと組み合わせて使用することが必須条件になります。

ローカルディスクでは、数百GBしか確保できないため2〜3個程度しかOSを同時に稼動できませんが、ストレージであれば数TBの容量があるので、ディスク容量の制限にかかわらずOSを複数稼動できます。

ここで注意しなければならないのは、ディスク容量の見積もりを誤ると、たとえ豊富にあるストレージもすぐに容量を消費してしまう点です。

ディスクに不要な空き容量があるOSが多く存在すると、結局ストレージを大量に消費するのでサーバーが減っても、ストレージが増えることになります。


ラベル:どなん
posted by ラクサス at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ブレードサーバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。