2009年05月15日

第0x00回 ゲームプログラミングへの誘い

プログラムに興味があり、少しゲームに興味がある方なら
一度はゲームプログラミングに興味を持ったことがあると思います。
テトリスやオセロなどや、テレビで遊ぶようなアクションやシューティングなど、
ゲームには、様々なジャンルがあり、そのどれもが魅力的です。

今回は、そのゲームを身近な環境であるWindowsを使って作成し、
解説していこうと思います。
ゲームプログラミングは、見た目では想像できないくらい
様々なロジックを使って実装されています。

Windowsに関する内部的なことを知りたくて、
その取っ掛かりとしてゲームプログラミングから入ってみたい、
そんな方に読んで頂ければ幸いです。


さて、ゲームをプログラミングする上で必要な要素がいくつかあります。
色々ありますが、一般的には次のようなものがあります。

・画像を表示する
・サウンドを再生する
・キー入力を判定する
・ネットワークで通信を行う

ネットワークに関しては必要のないゲームもありますが、
大抵のゲームはこれらの処理を行い、それを作り上げていきます。

ここでは、オセロを題材として作成しながら、
これらの要素について説明していきたいと思います。


まず、プログラムを作成する前準備として、
プログラムを記述するための統合環境が必要になります。

マイクロソフト社で、学習用の統合環境がフリーで
ダウンロードできるようになっていますので、
Windows向けC++の統合環境がない場合には、
以下のものを準備してください。

Visual Studio Express Editions
http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/Express/

準備ができましたら、さっそくプログラミングを始めていきましょう。


ラベル:ふわ猫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。