2009年06月18日

第3回 画面に文字を表示してみよう

コンピューターが色々と処理を行ってくれていても最後に結果がわからなければ使いづらいですよね。


環境も整えた所で今回はまず画面に文字を表示する簡単なプログラムを作って行きましょう。


まずはテキストエディタなどを開いて次の様な文書を作りましょう。



class Hello

{

public static void main(String[] args)

{

System.out.println("Helloooooooo");

}

}






" " (ダブルクォーテーション)の中には特殊な記号以外なにを入れてもかまいません。好きな文字列を入れましょう。


public や void など色々と単語が並んでいますがこれらについてはまた後で説明します。とりあえずはこういう形式で文字表示が可能、という事を覚えておきましょう。


あと私のインデントの仕方が変に思われる方もいらっしゃると思いますが、自分は学生時代初めてプログラミングを学んだ時、基本的に対応し合っている括弧の位置を縦に合わせるようにと学んだのですが、周りの方達のやり方を見るとどうもそういう書き方はマイナーなようです。でもJavaの場合余白の付け方はプログラムに影響しませんので自分が綺麗で見やすく感じた風に書くのが良いでしょう。


気をつける点としては、「これはJavaプロフラムです」と認識させる為に、ファイル名はclassの後につけた単語と同じにして、拡張子.javaをファイル名につけましょう。基本この単語、ファイル名の始めは大文字にします。

このエディタで作ったファイルをJavaプログラムとして実行するのですが、簡単なプログラムですのでコマンドプロンプト(Macの場合はターミナル)を開きましょう。




OSやPCによってプロンプトの細かい箇所が異なる事があるためここではCUI(Character User Interface = コマンドプロンプト等のテキストしか無いインターフェース)の詳しい説明はいたしませんが、作ったプログラムが実行できるぐらいの簡単な説明をさせていただきます。




まずは先ほど作ったファイルがある場所へ移動しましょう。





cd 移動先場所





OSやPCによって細かい使用は異なりますが、例えばデスクトップにファイルを保存した場合、cd /home/自ユーザー名/Desktop, または cd /Users/自ユーザー名/Desktopと書きます


これからこのプログラムを実行するのですが、Javaの場合、このソースコードををコンピューターが理解できる「バイトコード」に変換するためまずは「コンパイル」という作業が必要です。





javac Hello.java





Hello.javaの部分には先ほど作ったファイル名が入ります。この javac というコマンドでコンパイルします。

これであたらしくHello.classという新しいファイルが作られるはずです。ここからようやく実行する事ができますまで次のコマンドを打ちましょう。





java Hello





この java というコマンドで Hello というファイルを実行します。





java Hello

Helloooooooo






さきほどのダブルクォーテーションの中に入れた文字が表示されていれば成功です!


あとMacのテキストエディタの場合等、拡張子に.javaとつけられない場合もあります。そんな時は、こちらのターミナルの方から名前を変えましょう。




mv 元のファイル名 変更後ファイル名





これで好きなように名前を変えられるはずです。


次回は、先ほどのようにプログラムを作る上での細かい所を少し説明して行きます。


ラベル:G
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。