2009年08月22日

世界が注目!日本で新たな経済システム

公益資本主義ってご存知でしょうか?
アメリカ発の金融危機「サブプライム・ローン問題」は、市場万能・株主至上の金融資本主義の欠陥を露呈しました。米国が世界に誇る直接金融、資本市場による自由かつ競合的な資金調達を間接金融より優位にしてきた世界の終焉がささやかれている中で、いま世界で注目されている「新しい資本主義 (原丈人著 PHP新書)」 で語られている経済システムです。一読の価値があります。
今まで、日本企業は米国企業の会計や企業評価の手法を鵜呑みをやり方を止めて(ほぼ押付けられた)、米国のシステムを上回るようなものを作ればいいと考えます。
そもそも、米国の「会杜は株主のもの(松下幸之助のような人格者が要れば別ですが)」「時価総額の大きさを追うような経営」は、企業の資産を軽くするための産業である人材派遣業を提供する産業は発展しますが、本来の価値を生む産業はその間にむしぱまれ、資本主義が破綻することにもなりかねません。産業を通じて雇用、サービスをつくり、そこに働く人や社会の人を幸せにするための新しい資本主義のルールが今、世界でも必要になっているのです。
これからは、企業の目的は、株主にとっての価値を上げること、すなわち株価を上げることではなく、社会に対する貢献を行うことで、社会貢献の度合いによって自然と株価が上昇し、長期的な売買で運営する新しい株式市場が必要です。

弊社も社会に貢献するサービスを提供する目指している企業です。
これからは、全ての企業人、経営者、会社員に、社会を思う「公益」の自覚がなくては
共倒れが待っているということを認識する必要があると考えています。

ラベル:明鏡止水
posted by ラクサス at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月08日

本当の付加価値

100円の商品を120円、150円で売れるように付加価値を付けたとして、それが本当の付加価値でしょうか?

先日ガイアの夜明けを見ていたとき、付加価値のあり方を学びました。

野菜や果物は、ほんの少しキズがついたり、形が悪かったり、豊作で取れすぎたりすると廃棄処分になってしまい、儲けが出るどころか廃棄費用を負担しなければなりません。

ここで普通の付加価値を付けると、見た目は悪いが味は同じだからと正規品より価格を下げて、廃棄されるものが売れることで満足してしまいます。

しかし、本当の付加価値は、廃棄処分になる商品を正規品と同じ価格で買い取り、さらに低温乾燥して粉末にすることで、栄養をそのままに様々な分野で使える形にして保存も出来る状態にすることで、正規品の2倍、3倍の価格にまで商品価値を上げます。

付加価値の付け方とは・・・

  • 100円を120円にする(正規品に付加価値をつける)
  • 0円を50円にする(廃棄品を特売で売る)
  • 0円を300円にする(廃棄品を正規品以上の付加価値商品に変える)

小手先の付加価値でなく、本当の付加価値を目指し、生産者を助けられるような社会貢献が出来る会社を目指したいです。

ラベル:どなん
posted by ラクサス at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月01日

意外に使える商工会議所の無料セミナー

東京商工会議所の無料セミナーを活用していますか?

東京商工会議所(http://www.tokyo-cci.or.jp/)では、毎日どこかの商工会議所で無料もしくは、テキスト代程度の有料セミナーを開催しています。

イベントカレンダー
http://event.tokyo-cci.or.jp/

種類も多彩で、経営、創業、ビジネススキル、ITなどかなり充実しています。

肝心の内容ですが、数回参加した印象として「意外と使える」という感じです。
しかも、その毎回参加するセミナーは満員で、予約が出来なかったものもありました。

セミナーの内容は、主に初心者〜中級者をターゲットとしているため、専門に行っているセミナーと比べれば内容は薄いです。
新しく学ぶ時や情報収集とて割り切る分には、かなり質は良いと思います。

ただし、すべてのセミナーの質が高いわけではないようです。
ここからは、個人の主観になりますが、セミナーの講師が定年引退後の方であると内容が薄い傾向がありました。
もちろんすべての方がそうとは限りませんが、30代、40代の現役の講師の方は中級者でも十分参考になる内容で、無料とは思えないものもありました。

東京商工会議所だけでなく、全国の商工会議所でセミナーを行っているので、有効に使いたいものです。

ラベル:どなん
posted by ラクサス at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

実証済み!社員の士気を高める“10の方法”

HPのTechnology at Workのページに、興味深い記事がありました。

実証済み!社員の士気を高める“10の方法”
「社員の生産性を高めるための10の施策」
http://h50146.www5.hp.com/info/enewsletter/080821/spotlight/05/index.html


どの会社でも、社員が満足して働ける環境を作ることは重要だと感じていますが、実際には業務優先で社員は二の次になってはいないでしょうか。

この記事には、10の施策が書いてありますがそんなに難しいことは書いていません。
ちょっとした、気遣いや環境整備でできることばかりです。

会社を設立する前は、まさしく業務優先の環境でしたが、会社設立する際にはこの記事に書かれているようなことを実践し、社員が幸せであること目標としていました。

ちなみに、弊社は10の方法のうち、今のところ8個はクリアできていると思います。
できるだけ早く、10個すべてクリアできるようにしたいです。
ラベル:どなん
posted by ラクサス at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月19日

会社と給与

システムに従事する作業者の月単価(人月単価)は、作業の内容や作業者のレベルにより異なります。
しかし、実際の作業者のレベルに比べると、月単価の差は小さいと思います。

IT業界での月単価は、通常は最低でも40万位だと思います。
最高は私が聞いたことがあるのは、300万でしたが、もう随分過去の話なので、現在はそこまで行かないかもしれません。
こう話すと、個人のレベルにより随分差があるように思いますが、下請け会社が同一プロジェクトで受ける月単価の場合は、50万〜120万ぐらいではないかと思います。
右も左も分からない新人でも50万、普通の人の3倍できる人でも120万と考えると、もっと差があっても良いのではないかと思います。
実際、海外では個人の実力により、かなり差が出ると聞いたことがあります。
日本もこれからは、さらに実力主義になっていくでしょう。

今まで会社は稼ぐ人(月単価を多くもらう人)の分を会社一旦吸収し、社員全体に大きな格差が出ないように給与を支払ってましたが、それでは優秀な人を確保できなくなるため、稼いだ人には稼いだ分を
支払う方向に進んでいるように見えます。
所得格差が今後さらに進んで行くと思われています。
ただし、それだけではお金のことばかり考える社員ばかりになってしまい社内の雰囲気が悪くなるように思います。

日本の終身雇用や年功序列も良い部分はあると思います。
これらを融合させて、社員全員が納得し幸せになれるというのが理想ですね。
ラベル:社長
posted by ラクサス at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

電車内での携帯音楽の音漏れが苦痛

これを読まれている方の中で
電車の中でiPodなど、携帯音楽の音が漏れて迷惑された方は多いと思います。
自分もその一人です。

今や老若男女問わず、シャカシャカ音を出しています。
個人で楽しんでこそ特徴が生かされますが、使う人の気配りがなければ他人のプライバシーを侵す迷惑な道具にもなります。また、席から移動できない飛行機であれば、かなりの苦痛を強いられます。
移動中に音楽を楽しみたい気持ちは分かるのですが....

いつの日か技術が進化して音漏れがなくなるとは思いますが、
(インナーイヤホンでだいぶ改善されていますが....)
技術の進化以上に人のモラルも進化していけばなぁと常々と思っています。
ルールよりマナーで!(どっかの標語だったような)

そんなこんなで、人の徳(マナーレベル)を数値化できるプログラムができればと教育現場とかに役立ちそうだなといろいろと考えております。
ラベル:明鏡止水
posted by ラクサス at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。