2009年01月15日

内部留保

このような不況の世の中で、中小企業が次々と倒産をしていますが、
利益を出している会社まで倒産してしまうのは、なぜでしょうか?
支出と収入のタイミングがかみ合っていないタイミングで、
融資を受けられなくなった場合に、倒産に陥ってしまうことが多いようです。
ほぼ確定している将来的な収入があるのに、支出の方が先に来てしまい、
内部留保(余裕資金)を使い果たしてしまうからです。
難しいところですが、安定した収入の範囲内で、チャンスを得るための投資を行うことが必要だと思います。
弊社が取り組んでいるのは、以下のような内容です。

余分なコストを押さえながら、新しいシステムを造る。
社員同士でアイデアを持合い、この時代に必要なものは何かを話し合い、
必要があれば特許を申請し、みんなで協力し新しい事業を確立しようと考えています。

また頑張っている会社には、国も協力をしており、様々な対策や制度があります。
弊社も社会保険労務士の先生にお願いし、中小企業基盤人材確保助成金の申請を行っております。

新しい人材、会社として財産となる人材を募集、採用します。
これからの社会を背負っていく若い力で会社に活力付けていきたいと思っています。

 


ラベル:社長
posted by ラクサス at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社設立 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月08日

本当の付加価値

100円の商品を120円、150円で売れるように付加価値を付けたとして、それが本当の付加価値でしょうか?

先日ガイアの夜明けを見ていたとき、付加価値のあり方を学びました。

野菜や果物は、ほんの少しキズがついたり、形が悪かったり、豊作で取れすぎたりすると廃棄処分になってしまい、儲けが出るどころか廃棄費用を負担しなければなりません。

ここで普通の付加価値を付けると、見た目は悪いが味は同じだからと正規品より価格を下げて、廃棄されるものが売れることで満足してしまいます。

しかし、本当の付加価値は、廃棄処分になる商品を正規品と同じ価格で買い取り、さらに低温乾燥して粉末にすることで、栄養をそのままに様々な分野で使える形にして保存も出来る状態にすることで、正規品の2倍、3倍の価格にまで商品価値を上げます。

付加価値の付け方とは・・・

  • 100円を120円にする(正規品に付加価値をつける)
  • 0円を50円にする(廃棄品を特売で売る)
  • 0円を300円にする(廃棄品を正規品以上の付加価値商品に変える)

小手先の付加価値でなく、本当の付加価値を目指し、生産者を助けられるような社会貢献が出来る会社を目指したいです。

ラベル:どなん
posted by ラクサス at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月07日

PHPの文法〜その2〜

■定数
(1)書式
 define("定数名", "値");
 const "定数名" = "値";//PHP 5.3.0 以降で動作

(2)ルール
・定数は、前にドル記号($)を要らない。

・「__変数名__」のような変数名を定義しない。

・定数を定義するのは、define()関数。PHP 5.3.0 以降では、「const "定数名" = "値"」という書式も可能。
・定数のスコープはグローバルで、あらゆる場所からアクセス可能。
・定数は一度設定されると再定義または未定義は不可。
・定数は、スカラー値(論理値 (boolean) 整数 (integer) 浮動小数点数(double) 文字列 (string) )のみ。

例1:define("CONSTANT", "Hello world.");
例2:const CONSTANT = 'Hello World';//

■定義済み定数
・define()関数で宣言しなくても使用可能。
 PHP_VERSION (PHPのバージョン string)
 PHP_OS (phpが稼働しているOS string)
 DEFAULT_INCLUDE_PATH (インクルードパス string)
 TRUE (真 大文字・小文字を区別しない boolean)
 FALSE (偽 大文字・小文字を区別しない boolean)
 NULL (ヌル値 大文字・小文字を区別しない null)

■マジカル定数
・使われ方によって値が変化する。※厳密には定数ではない。
 __LINE__ (ファイル上の現在の行番号)
 __FILE__ (ファイルのフルパスとファイル名)
 __FUNCTION__ (関数名※PHP4.3.0で追加)
 __CLASS__ (クラス名※PHP4.3.0で追加)
 __METHOD__ (クラスのメソッド名※PHP5.0.0で追加)

ラベル:明鏡止水
posted by ラクサス at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 【プログラミング】PHP編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月06日

ゲーム数学2(バウンディングスフィア)

今回は当たり判定の基本の球と球との当たり判定(バウンディングスフィア)
についてお話したいと思います。


半径RAの球Aが中心(XA,YA,ZA)にあるとき
半径RBの球Bが中心(XB,YB,ZB)と当たり判定を行う


ルート処理を入れると重くなるために二乗した状態で判定を行います。


if ((XA-XB)*(XA-XB) + (YA-YB)*(YA-YB) + (ZA-ZB)*(ZA-ZB) <= (RA+RB)*(RA+RB)) {
// 当たってますよ
}



接してる時当たり判定したくない場合は

if ((XA-XB)*(XA-XB) + (YA-YB)*(YA-YB) < (RA+RB)*(RA+RB)) {
// 当たってますよ
}

とイコールをはずせば判定できます。
ラベル:六本木店長
posted by ラクサス at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月05日

新卒採用

就職バブルがはじけて、就職難の時代が訪れていいると新聞などで騒がれています。
しかし、弊社のような小さな会社にとっては追い風だと考えています。
今まで大手企業にしか興味のなかった優秀な学生が入社してくれるチャンスだと思っています。
このチャンスを生かすために、新卒採用サイトのUNICAREERに登録したり、求人代行発送を行っている会社にお願いし、求人票を全国580校に送付したりしました。

現状を知るために、田町にあるK大学の就職課の方にお話を聞きに行きましたが、2009年度に関しては、それほどシビアな感じは受け取れませんでした。
内定取り消しもほとんど聞かないと仰っていましたし、95%学生は就職先が決定していると伺いました。
K大学が優秀なためかも知れませんが、新入社員において本格的に就職難が訪れるのは、2010年度からかも知れません。

会社としては、2009年度でまだ入社が決まっていない方の募集を引き続き続けており、新入社員が入社後に行う教育プランや体制を整え、準備万端の状態にしています。
入社希望の方は、弊社ホームページを確認の上、是非ご連絡をください。


募集要項:http://www.raxus.co.jp/recruit_fresh2010.html
ラベル:社長
posted by ラクサス at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社設立 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月24日

2010年度、2009年度新卒採用の受付を開始しました

■お知らせ
2010年度の新卒採用の受付を開始しました。
また、2009年度の新卒採用も現在受け中です。

■募集職種
 職種
 プログラマー、 システムエンジニア
 仕事内容 プロジェクト管理、プログラム開発など
 募集学部・学科 学部学科の指定はありません
 勤務地 東京都内 (2009年に都内にオフィス移転予定)
 採用予定数 2名(2010年度)、 2名(2009年度)

■応募方法
履歴書をご郵送ください。
※すべて自由応募となります。

■選考方法
「履歴書の送付→一次面接→適性検査(SPIまたはCAB)→最終面接」
プログラム経験がある方は優遇します。

■その他
詳しい内容は下記を参照してください。
http://www.raxus.co.jp/recruit_fresh2010.html
ラベル:raxus
posted by ラクサス at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

ゲーム数学1

私がRAXUSにはいる前勤めていたのがゲーム会社でしたので
若干ですがゲーム数学について書きたいと思います。

一番最初にゲームを作る際に向いているのがシューティングです。
今回はシューティングの玉の軌道の管理についてです。

まず玉の軌道を考える上で大切なのは『軸』です。
今回は2次元軸でお話しますので「X軸」と「Y軸」で考えます。
普通の数学と違って左上を基準に考えるので「Y軸」の動きが逆となります。
それと、もうひとつ必ず『軸』が存在しましす。
ものが運動する場合必ず『時間軸』というものが重要になってきます。
この「X軸」「Y軸」「時間軸」を管理することによって玉の運動が実現できます。


今回は"Y=X*X"(二次曲線)の軌道を描く玉を考えて見ましょう。
ただし、1秒ごとに常にX軸方向に1動くものとします。




ここで「X軸」「Y軸」「時間軸」の3次元で考えないといけないと思ってはいけません。
そう考えるとここで行き詰まる可能性が高いです。
ここで考えないといけないことは " X軸とY軸の運動を別々にして考える " ことです。
つまり、『「X軸」と「時間軸」の運動』と『「Y軸」と「時間軸」の運動』とで分けて考えるわけです。

まず「X軸」と「時間軸」の運動を考えて見ましょう。
秒単位の時間経過の変数を仮に「T」とした場合、
「1秒ごとに常にX軸方向に1動くものとします。」と書いてありますので
1秒後はX=1、2秒後はX=2、3秒後は・・・つまり"X=T"となるわけです。

次に「Y軸」と「時間軸」の運動を考えて見ましょう。
「X軸」と「Y軸」は同じ時間軸上に成り立っていますので、時間的に同期しないといけません。
なので「X軸」と同じ時間経過の変数を「T」とします。
"Y=X*X"と先ほど出した"X=T"を組み合わせて解くと"Y=T*T"と求められます。

blogネタ20080925.JPG

つまり座標で書くと、(X, Y)=(T, T*T)に表示し、Tを更新し続ければ完了です。
少し改良すれば横に向かって放たれた大砲の弾の軌道なんかもすぐに実装できます。
また、3次元で考える場合はおなじように「Z軸」と「時間軸」の運動を増やすだけで実現できます。

ラベル:六本木店長
posted by ラクサス at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

google デベロッパー交流会(第7回)

google デベロッパー交流会(第7回)に参加してきました。

今回の内容は、「Google Maps API」ついての公演とセッションでしたが、興味深いQAのやりとりがありましたので紹介します。

Q.Googleマップのライセンスは商用利用は有料なのか?
A.Googleマップ(API)は、個人、商用問わずユーザーが無料で使用できるWebサイトであれば、無料で使用できる。会員のみ閲覧できたり、イントラネット内などでは無料で利用できないが、会員制のサイトでも登録が無料の場合は、かなりグレーではあるが無料で利用できる。


Q.Google マップの利用規約とGoogle マップ APIの利用規約が微妙に異なるが?
A.Google マップの利用規約は英語のページが最新の規約になり、規約は随時更新されている。日本語に翻訳された利用規約は、最新の情報への更新が追いついていないので、英語のページを参照すべき。


Q.Google Static Maps APIの画像は「1ユーザ(1IPアドレス)あたり1日1000枚」までの制限があるが、日本のモバイル環境では少ないのではないか?
A.現在の利用状況で、1000枚の制限を超えた事例は世界で数例しかなく、日本のモバイル環境でも1000枚を超える事例はない。もし、制限を超えた場合は報告して欲しい。


※出来るだけ正確にやりとりの内容を再現していますが、メモを元にしているため多少の表現の違いがあるかもしれません。間違いがあればご指摘ください。
ラベル:どなん
posted by ラクサス at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | システム開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月01日

意外に使える商工会議所の無料セミナー

東京商工会議所の無料セミナーを活用していますか?

東京商工会議所(http://www.tokyo-cci.or.jp/)では、毎日どこかの商工会議所で無料もしくは、テキスト代程度の有料セミナーを開催しています。

イベントカレンダー
http://event.tokyo-cci.or.jp/

種類も多彩で、経営、創業、ビジネススキル、ITなどかなり充実しています。

肝心の内容ですが、数回参加した印象として「意外と使える」という感じです。
しかも、その毎回参加するセミナーは満員で、予約が出来なかったものもありました。

セミナーの内容は、主に初心者〜中級者をターゲットとしているため、専門に行っているセミナーと比べれば内容は薄いです。
新しく学ぶ時や情報収集とて割り切る分には、かなり質は良いと思います。

ただし、すべてのセミナーの質が高いわけではないようです。
ここからは、個人の主観になりますが、セミナーの講師が定年引退後の方であると内容が薄い傾向がありました。
もちろんすべての方がそうとは限りませんが、30代、40代の現役の講師の方は中級者でも十分参考になる内容で、無料とは思えないものもありました。

東京商工会議所だけでなく、全国の商工会議所でセミナーを行っているので、有効に使いたいものです。

ラベル:どなん
posted by ラクサス at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月29日

VMware ESXi(無償版)をUSBメモリからブートする

VMware ESXiの製品版は、USBメモリからブートできストレージと組み合わせればディスクレスのサーバー構築が可能になります。
このVMware ESXiが無償提供されましたが、インストールはハードディスクにしかできず、製品版と同様の使い型が出来ないように制限されているようです。

しかし、中身はほぼ同じものであるため、USBにインストールしてみます。
本来ddファイルを扱うにはlinuxマシンが必要ですが、今回はwindows上のみでブートUSBを作成します。

準備するもの
  • VMware ESXi 3.5のisoイメージ
  • Virtual CloneDrive(isoをマウントするツール)
  • LhaForgeなど(tar.gz、bzを解凍できるツール)
  • DDforWindows(ddファイルを書き込むツール)
  • 1GB以上のUSBメモリ(750MB程度消費します)


まず、VMware ESXiのisoファイルをダウンロードします。(無料のユーザー登録が必要です。)

ダウンロードしたisoファイル(VMware-VMvisor-InstallerCD-3.5.0_Update_2-110271.i386.iso)を「Virtual CloneDrive」でマウントします。

マウントすると、ドライブ直下に「INSTALL.TGZ」というファイルがあるので、LhaForgeなどで解凍します。

解凍されたINSTALLの中にある「usr/lib/vmware/installer」フォルダに、
「VMware-VMvisor-big-3.5.0_Update_2-110271.i386.dd.bz2」ファイルがあるので解凍します。

解凍された「VMware-VMvisor-big-3.5.0_Update_2-110271.i386.dd」ファイルをDDforWindowsでUSBメモリに書き込みます。
※ファイル選択時に、ddiの拡張子を指定されますが、ddの拡張子のままでも問題ありません。

書き込みには、数分かかります。

※ESXiは「わずか 32 MB の占有量」と宣伝していますが、USBメモリは750MB以上も消費されてしまいますので、32 MBのUSBメモリでは容量が足りません。実際、製品版も2GBのUSBメモリを使用していました。


書き込みが終了したら、サーバーのBIOSで起動順序をUSBメモリ(ハードディスクと認識されるように)に設定し、USBメモリを挿してて起動します。

無事起動すると、黄色い画面が表示されますので、ブラウザで表示されているIPアドレスに接続します。

ブラウザで表示された画面に、VI clientをダウンロードするリンクがありますので、ダウンロードしてインストールするれば完了です。

ツール
VMware ESXi http://www.vmware.com/jp/products/esxi/
Virtual CloneDrive http://www.slysoft.com/ja/virtual-clonedrive.html
DDforWindows http://www.si-linux.co.jp/wiki/silinux/index.php?DDforWindows
ラベル:どなん
posted by ラクサス at 15:12| Comment(0) | TrackBack(1) | ブレードサーバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。